正社員と派遣社員とのリスクとは

派遣社員として働いて行くというスタイルも悪いことばかりではないと思いますが、正社員とはまた違うリスクが存在することも事実です。そのことについて考えていきましょう。

派遣の洗車の仕事は残業があるのか

派遣アルバイトは、人材会社に登録をして、個別の仕事を人材会社から依頼を受けて行います。仕事を依頼する側は人材会社にお金を支払って、アルバイトは人材会社から給料をもらいます。雇用関係はあくまで人材会社とアルバイトの間で締結されます。派遣の仕事の中に、洗車の仕事があります。これは、ガソリンスタンドやディーラー、自動車販売店等で洗車をするのが業務となっています。この仕事に残業があるかどうかは、依頼した側の事情によります。忙しくて猫の手も借りたいというのであれば、残業が発生する確率が高いです。残業が発生した場合、依頼している事業者は人材会社に対してその分のお金を支払わなくてはなりません。これは、直接雇用して人を雇う場合と比べるとかなり高い金額になります。そのため、負担を軽くした維持業者の場合は、残業を依頼しない傾向にあります。
派遣先に行く前には、この点をチェックしておくと良いでしょう。一応、派遣される際にいは残業が可能かいないかについて事前に聞かれ、可能ならば対応をするように言われます。ただ、実際に残業があるかどうかは、過去の事例などを基に判断ができます。そのため、担当の人に話を聞いてみることで、時間道理に終わるかどうかを知ることができます。
一番よくないのが、対応ができるといっておきながら、派遣先でできないといってしまうことです。その場合、事業者と人材会社の双方に迷惑がかかりますし、のちに仕事を紹介してもらうことができなくなる恐れもあります。したがって、できないのならば初めからできないというようにしてください。派遣の仕事の中には、初めから残業がないとしている仕事もありますし、対応できる人にのみお願いするというタイプもあります。無理な場合はそういう仕事を紹介してもらいましょう。